知識と情報

嚥下(えんげ)・嚥下障害とは?

このページにはプロモーションが含まれています。
  1. HOME >
  2. 知識と情報 >

嚥下(えんげ)・嚥下障害とは?

食事介助
 介護に携わっていると「嚥下(えんげ)」という言葉をよく耳にすると思います。
 なんとなく食べることだったり飲んだりすることと解釈していると思います。今回は嚥下障害と、その付き合い方についてお話ししたいと思います。

嚥下・嚥下障害とは?

 嚥下とは食べ物を目で見て認識してから口に含んで噛んで飲み込み、胃に到達するまでのことを言います。
 つまり嚥下障害飲み込む時に何かしらの障害があるということになります。
 嚥下には先行期、準備期、口腔期、咽頭期、食道期とあり、それぞれ大事な役割があります。

1. 先行期は食べ物を目で見て認識して脳が唾液を出すように信号を出し、食べ物を食べられるように姿勢を正したり準備をする期間です。

2. 準備期では食べ物を口に入れて咀嚼し噛み砕いて飲み込める形にし、口腔期では噛み砕いたものを舌を使い咽頭へ運びます。

3. 口腔期は嚥下第1期とも呼ばれます。

4. 咽頭期は先程に続き嚥下第2期とも呼ばれ、咽頭へ運ばれたものが鼻腔や気管に入らず食道に入るように嚥下反射が生じます。

5. 最後に食道期は嚥下第3期とも呼ばれ、飲み込んだものを胃へ送り込むように食道が動きます。この時飲み込んだものが逆流しないように食道の入口は締まります。

 難しいことを書きましたが、ものを食べる時の体の一連の動きが嚥下です。この一連の動きのどこかが何かしらの原因で機能しなくなったことを嚥下障害と言います。

嚥下マッサージ

 マッサージは唾液腺を外から刺激し唾液の分泌を促します。高齢になると唾液が出にくくなり、咀嚼がしにくくなったりむせたりする原因にもなります。
 若い人でも喉が渇いている時に乾燥したものを食べると食べづらいですよね。他にもマッサージの効果により口が動かしやすくなったりと嬉しい効果があります。

 唾液腺は
 ・耳たぶの少し前にある耳下腺
 ・顎の骨の内側の柔らかいところにある顎下腺
 ・顎の先の舌の付け根辺りにある舌下腺

 の3箇所口腔内にあります。それぞれを優しく5~10回マッサージしてあげると唾液が出てきて食事が摂りやすくなります。

 体が動かせない方にも行うことができるので、食事の前に声掛けをしっかりしてから行うのもいいと思います。顔に触れられるのが苦手な方もいるので注意して行いましょう。

嚥下体操

 次に嚥下体操ですが、こちらは食べる時に使う筋肉の体操です。「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音するパタカラ体操が有名です。しかし、こちらはマッサージと違い動けない方には出来ないので注意してください。
 ホールでの食事の前にみんなで行うのがいいと思います。

 手順としては、
 1. まず深呼吸をして体の力を抜きます。

 2. 次に首をゆっくりグルグルと回しほぐします。
 首には嚥下に必要な筋肉以外にも神経も沢山あるので首を痛めないようにゆっくり行いましょう。

 3. 首がほぐれたら次は肩をほぐします。ぎゅーっと首をすくめて力を抜くだけなので簡単です。体がほぐれたら次は顔です。

 4. 顔はまず口周りの体操です。口を大袈裟に動かして口の周りをほぐしましょう。
 次に頬に空気を入れて膨らましますが、意外と気持ちがいいです。次に舌の体操で、舌を突き出したりして舌の筋肉を使いましょう。食べ物を飲み込むのが楽になります。

 次は皆さんご存知パタカラ体操です。しっかりと口と舌が動くように意識して行います。
 
 最後に食べ物が気管に入ってしまった時のために咳払いの練習ですが、喉を痛めないように気をつけて行いましょう。

まとめ

 正直忙しい仕事の合間に嚥下体操やマッサージをするのは大変だと思います。ですが、マッサージをするだけで嚥下機能の低下をゆっくりにできるんです。
 食事は生きていく上で大切なものなので、なるべく長く食事を楽しんで貰えるように皆さんに頑張ってもらいたいと思っています。

 どうしてもやりたくない!という方がいたら、体操すると表情が良くなって今より素敵になりますよ!と誘ってみるのもいいかもしれません。無理やりではなく楽しくやってもらった方がいいので工夫をして頑張ってください。

-知識と情報

© 2021 lisujob