介護あるある 知識と情報

【体験談】デイサービスで出会った印象的な利用者さんのお話

このページにはプロモーションが含まれています。
  1. HOME >
  2. 介護あるある >

【体験談】デイサービスで出会った印象的な利用者さんのお話

デイサービスで出会った印象的な利用者さんのお話

私がデイサービスでお会いして、その後自分が仕事をしていく上で、とても大切なことを教えてくださったTさんについてお話ししたいと思います。

まったく無表情のTさん

Tさんと最初にお会いしたのは、当時、私が勤務していたデイサービスにいらっしゃったときです。

Tさんは当時93歳の女性で、脳梗塞後遺症・パーキンソン病を患っておられました。脳梗塞後遺症のため、歩くことができず、常に車いすで生活されており、お嫁さんが介護されていました。さらに、パーキンソン病のため、無表情で動作が遅く、小声という症状があり、お嫁さんは一所懸命介護されているのですが、「ご本人がなかなか笑ってくれない」といつもおっしゃっていました。ご本人にお話しすると、「うん」とうなずいたりはしてくださるのですが、ご自分からお話しすることはありませんでした。

Tさんとお嫁さん

Tさんのご自宅の玄関には階段が10段ほどありました。50キロくらいあるTさんは職員におんぶされてもしがみつけるような腕力がありませんでしたので、車いすに乗ったまま、職員2人がかりで車いすごと下までおろしたり、上まで上げたりということを送迎時にしていました。

Tさんは怖がるでもなく、おとなしく乗っていましたが、お嫁さんがその職員を見るにつけて、「申し訳ない」と繰り返され、のちにエレベーターをつけてくださったときにはこちらが驚きました。
何につけてもお嫁さんはTさんのことをとても大事にされていて、私たちもお二人が良好な介護関係でいられるように、色々と考えご提案したものです。

デイサービスでのTさん

しかし、Tさんはそのパーキンソン病という疾病のために、デイサービスでも常に受け身で、ご自分で何かされるということはありませんでした。私たち職員はお返事があろうとなかろうと必ず声かけし、できる限りTさんのお返事を待って動くようにしていました。

Tさんにレクリエーションに参加していただく

デイサービスでは利用者の皆さんに楽しく過ごしていただける、且つリハビリ効果があるようなレクリエーションを企画していました。

様々なレクリエーションの中で、当時どこのデイサービスでもよく使われていた「風船バレー」というレクリエーションを行い、そこにTさんにも参加していただきました。

「風船バレー」とはその名の通り、ネットを挟んだ両チームが風船をついて、地面に落ちたほうが負けというゲームで、いつも利用者・職員とも自分のチームが負けないように必死に風船をついて盛り上がっていました。

Tさんは拒否されるということはなく、車いすでその場にいてはくださるのですが、パーキンソン病のために動作が遅いこともあり、はじめのうちは風船が近くに来てもまったく反応しないということが数か月続きました。
風船はネットを超えてくるので、顔を上に向けないと見えません。しかしTさんは、はじめのうちはそれも難しかったのです。

Tさんの手が動いた!!

それでもその後、風船バレーをやるときには必ず参加していただいていました。Tさんは風船が来ても動かないので、頭に当たったり、周りから文句を言われたりしながらも「いやだ」とおっしゃることなく、参加し続けてくださいました。

数か月たったある日、いつものように、風船バレーにTさんも参加していただいていたとき、Tさんのところに風船が来ました。顔は上がって風船を目で追えるようにはなっていたのですが、いつものように近くに落ちてしまってもTさんは動きませんでした。

と、思ったら、
Tさんの腕が、少し上に上がったのです!

周りの利用者は気づかれませんでしたが、わたしたち職員は驚いて、Tさんに「手が動きましたね」と声をおかけしましたが、Tさんは無表情のままでした。

「こころが動けば身体も動く」

それからTさんの腕の動きは、少しずつ少しずつですが、早くなっていきました。

1か月ほどしたとき、Tさんの手が風船に当たりました。職員はみんなでTさんに声をおかけし、Tさんも得意げな感じでした。その後Tさんはめきめきと上達し、周りの応援に応えるように風船を上手につけるようになられて、ゲームの中で他の利用者と一緒に楽しまれるまでになられました。

私たちの中で、「こころが動けば身体も動く」という、お年寄りのリハビリについてよく使う言葉があります。まさに、Tさんは私たちにそれを体現してくださったのです。

「おばあちゃんが笑った!?」

風船バレーで腕が動くようになってきた頃から、少しずつですが、Tさんの表情が能面のような感じから、柔らかい感じに変わっていきました。

そんなある日、デイサービスで一日過ごしていただいて、ご自宅までお送りし、いつもように階段を2人がかりで上がり終わり、職員が思わず「Tさん重いねー」と言うと、なんとTさんが笑ってくださったのです!

それを見ておられたお嫁さんが、「おばあちゃんが笑った!?」と叫ばれ、泣き出されてしまいました。ご本人は、何が起こったのかというような感じでしたが、お嫁さんと職員、皆で喜び合いました。とてもうれしい場面でした。

病気を良くするのは薬だけではない

Tさんのおかげで、私は「こころが動けば身体が動く」ことを身を持って知ることができ、さらに病気の症状である、無表情・動作の緩慢・小声も生活の中で良くなることを教えていただきました。

お年寄りは私たちが思う以上に、心と身体の状態が比例します。気分が落ち込むと、体調も悪くなることがお年寄りにはよくありますが、その逆に気分が良くなれば、体調まで良くなることもあるのです。できるだけ毎日を楽しく過ごして、体調も良くしていくことが、介護の仕事では大切になると思います。

-介護あるある, 知識と情報

© 2021 lisujob