施設紹介

【有料老人ホーム】で働くってどうなの?

このページにはプロモーションが含まれています。
  1. HOME >
  2. 施設紹介 >

【有料老人ホーム】で働くってどうなの?

【有料老人ホーム】で働くってどうなの?

働く施設で悩む人
有料老人ホームの求人をみてるんだけど、仕事内容とかどうなのかな?教えて!リス先生!

ひとくくりに有料老人ホームといっても、じつはいろいろあるんです!では詳しく説明していきましょう!
リス先生

今回も、「働く施設選び」で悩める介護職員さんのために有料老人ホームの特徴についてご紹介します!

有料老人ホームってどんな施設?

有料老人ホームとは、利用者が心身の健康を維持しつつ生活できるように配慮された「高齢者向けの住宅」のことです。

主な特徴は、入居することで「食事サービス」、「家事援助」、「介護サービス」、「健康管理」のいずれかのサービスを利用できます。
大きく分けると「介護付」「住宅型」「健康型」の3つのタイプがあり、提供されているサービス内容によって、施設の費用面もさまざまです。

介護付き有料老人ホーム

一般的に、要介護状態でも生活できる施設です。
医療体制が整っており、食事や入浴、排泄などの介護を受けることができる施設です。

住宅型有料老人ホーム

主に「自立度の高い高齢者」を対象としている施設です。
要介護の方が入居する場合は、あわせて居宅介護支援事業所や訪問介護、通所介護などの居宅系介護保険サービスの利用が必須になります。

健康型有料老人ホーム

こちらは介護サービスを必要としない高齢者に特化した施設で、「一人暮らしでは万一の時に不安がある」高齢者が入居対象です。
原則として、介護が必要な方は入居できないのが特徴です。

働く環境や必要な資格、待遇について

前章では、有料老人ホームの特徴について簡単に触れました。
本章では、働く環境や必要な資格などについて書いていきたいと思います。

どんな仕事がメインになるの?

先述したように、有料老人ホームには施設ごとの特色があります。
例えば、
要介護度の方を積極的に受け入れている施設
医療やリハビリに特化した施設
”おもてなし”を前面に出したホテルのような施設
などです。

施設の違いによって働き方も大きく変わってきますので、注目しておいた方がいいと思います。
また、併せて確認しておきたいのが「職員の人員体制」です。
介護付き有料老人ホームの職員配置は、介護保険法により「3:1」以上と定められています。
「3:1」であれば、入居者3名に対して、1名の職員となりますので、その数字が「2」以上であれば、ゆとりをもって介護に従事できると思います。

働くのに必要な資格は?

大体の施設が働くのに介護系の資格は必須ではないようですが、キャリアアップや給与を上げたいと望むのであれば資格取得は必須といえそうです。

有料老人ホームは民間企業が経営している場合が多く、昇進制度や資格取得支援が整っている施設もあるので、積極的にキャリアプランを立てることができます。

働きながら資格取得を目指すことができるのは魅力だと思いますので、募集している施設の資格取得支援制度の有無などを確認してみることをお勧めします。

まとめ

有料老人ホームは「介護付き」「住宅型」「健康型」によって仕事の内容が大きく変わってきます。

同じ有料老人ホームであったとしても、自分がどのような働き方をしたいかによって選ぶべき施設は変わってきますので、しっかりと施設の特徴や、対象となる入居者さんがどういう方かは調べましょう。

有料老人ホームのメリット

・夜勤専従の求人も多く、高給与が見込める
・施設によっては居宅サービス中心になるため、残業が発生しにくい
・居宅サービスのケアプランに関する知識を得られる
・施設によっては介護度が低い人が多い場合もあるので、身体的負担が少ない

有料老人ホームのデメリット

・夜間の利用者対応が一人になる場合がある
・介護度が低い施設の場合は、有資格者割合が低く、実務を学びにくい

有料老人ホームの求人を探すならこちら

-施設紹介

© 2021 lisujob