施設紹介

【ショートステイ】で働くってどうなの?

このページにはプロモーションが含まれています。
  1. HOME >
  2. 施設紹介 >

【ショートステイ】で働くってどうなの?

【ショートステイ】で働くってどうなの?

働く施設で悩む人
ショートステイって短期宿泊の介護サービスだよね?どんな仕事なの?教えて!リス先生!

ショートステイってどんな施設なのでしょうか?詳しく説明していきましょう!
リス先生

今回も、「働く施設選び」で悩める介護職員さんのためにショートステイの特徴についてご紹介します!

ショートステイってどんな施設?

ショートステイは、通常自宅で介護を受けている高齢者が、短期で介護施設に入所して生活支援や身体介護、リハビリなどを受けられるサービスのことです。

65歳以上の高齢者の方であれば要介護度1から利用できるため、元気な方の利用も比較的多くなります。

ショートステイには、特別養護老人ホームなどの介護施設に併設された「併設型」と、単独で運営している「単独型」の2タイプに分類されます。併設型は母体となる介護施設が求人を出していることもあります。

さらに、ショートステイには「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の2種類の形態があり、これによって若干仕事の内容が変わってくる可能性があります。

「短期入所生活介護」は食事や入浴、排泄等の生活介護と機能訓練が受けられる施設で、機能訓練指導員が常駐しており、特別養護老人ホームや有料老人ホームに併設されていることが多いです。

「短期入所療養介護」は生活介助と医療ケアやリハビリが受けられるショートステイです。
医師や看護師、理学作業療法士が常駐しており、介護老人保健施設や介護療養型医療施設に併設されていることが多いです。

働く環境や必要な資格、待遇について

どんな仕事がメインになるの?

ショートステイの介護職員の仕事は、他の介護施設と同様に、食事や入浴、排泄介助など生活の身の回りのお世話が中心となります。
また、レクリエーションやイベントの企画・運営なども行います。
尚、短期入所療養介護はリハビリに特化しているので、レクリエーションが少ない傾向があります。

働くのに必要な資格は?

ショートステイの施設で勤務するには、以下の職種とそれに付随する資格が必要となります。

  • 生活相談員
    社会福祉主事、社会福祉士、精神保健福祉士、またはこれらと同等の能力を有する人
  • 介護職員
    介護職員については特定の資格は不要

初任者研修や介護福祉士のような資格は持っていれば歓迎されますが、基本的にはショートステイでは介護未経験でもトライできる職場です。

まとめ

ショートステイは「短期入所生活介護」とも表現され、短期的(連続利用日数は最長30日間)に入所・利用できる介護サービスのことです。
仕事の出張や冠婚葬祭で短期的に家を空けなければならない方や、急な病気などで介護ができなくなった方が利用することが多いです。
機能訓練やレクリエーション、排せつ、入浴、食事の補助などの自宅で行う一通りのケアや機能訓練を行います。

介護保険サービスの中でも人気で、約2か月以上前から予約しないと利用できない施設が多いようです。
とは言っても介護をしている家族が急に病気や事故などで、急遽入所せざるを得ない場合もあります。
そんな時は緊急入所枠の利用をケアマネジャーに相談しましょう。

ショートステイで働くメリット

  • 同時対応する利用者は少ないので、身体的な負担が少ない傾向にある
  • 夜勤が発生するので、給与は介護職の中でも比較的高め
  • 多職種の人とかかわるため、連携が多く学びやスキルアップにつながる

ショートステイで働くデメリット

  • 短期滞在の利用者さんが多いため、一時的な関わりになりがち

介護老人保健施設のお仕事探しならこちら

-施設紹介

© 2021 lisujob